© 2016 by 水耕栽培研究会

 

 

 

 



米国のジョン・ホプキンス大学の研究者グループが「ブロッコリーの新鮮なスプラウト(新芽)には、ガンのリスクを約半分に減らす成分スルフォラファンが多く含まれている」と、発表して以来、家庭でのブロッコリー・スプラウト作りが米国でブームになり、続いて日本でもブームが広がっています。
発芽してから3~5日目の約2.5センチに伸びたブロッコリの新鮮な新芽(もやし)には、スルフォラファンのほかに、ビタミンA、B類、C,K、ミネラル分、酵素などの栄養分が多く含まれているといいます。
一週間につき、ブロッコリーの種5g~10gから栽培したスプラウトを摂ると良いと言われています。

元気で栄養豊富なスプラウトを自分でつくりましょう。

■ブロッコリーのスプラウトの作り方( 水耕栽培研究会 考案)

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 


 

 



 

 

■スプラウト用の有機栽培によるブロッコリーの種(薬品処理をしていない)をおわけします。

お値段は、50ml(約1ヶ月~2ヶ月)で500円(消費税、送料込み)です。 
詳しくはこちらをご覧ください。






 

ブロッコリースプラウト

室温が25度以上の場合はこちらをおすすめします。

水耕栽培研究会 
suikousaibai@aol.com ( Contact in English is welcom also.)
fax:0467-23-5215
(多数の水耕栽培装置を考案。「ベジタ」、「暮しの手帖」などに寄稿。朝日新聞、北海道新聞、毎日新聞で取材。発明協会会長奨励賞受賞、無印良品大賞審査員特別賞受賞)