© 2016 by 水耕栽培研究会

水耕栽培ってなに?








水耕栽培研究会 suikousaibai@aol.com
事務局:鎌倉市雪ノ下4-11-14
fax:0467-23-5215
家庭での水栽培方法の開発と普及を目標としています。
(多数の水耕栽培装置を考案。『ベジタ』、『暮しの手帖』、『mom』などに寄稿。朝日新聞、北海道新聞、毎日新聞により取材。発明協会会長奨励賞受賞、無印良品大賞審査員特別賞受賞)





 

水栽培は大昔から行われているポピュラーな裁培法ですが、近年植物の生育のしくみが科学的に明らかになるとともに、水裁培の方法も大きく進歩して、水耕栽培とよばれる新しい農業の方法が生み出されるまでになりました。
水耕栽培がこの様に大きく発達してきたのは、以下の様な利点があるからです。

●今までの知識や経験がなくても始められる。
●土を用意したり、入れ替える必要がない
●朝晩の水やりの必要がない
●花数、収穫量が多い
●土を使わないので、土からの病虫害を受けないので、無農薬栽培をしやすい
●肥料や水がむだにならない
●早くそだつ

お店で売られている花々や野菜、たとえばカーネーションやマリーゴールド、トマト、キュウリ、メロン、イチゴ、ミツバ、ネギ、サラダ菜、などは、水耕栽培で作られたものがたくさんあります。
家庭でも、この水栽培(水耕栽培)の方法でいろいろなものをつくってみましょう。

野菜は収穫直後からその栄養価がどんどん下がってきます。
自宅で手軽に水耕栽培した取れたての栄養たっぷりの野菜を楽しみましょう。