© 2016 by 水耕栽培研究会

野菜つくりのヒント

 

植物はそれぞれの栽培に適した環境で良くそだちます。

ここでいう環境とは、日照や温度、湿度、実際的には栽培する場所や季節などです。

野菜ごとに適した栽培条件は種の袋などにも記載されていますが、室内栽培では環境は一定ではないので、実際に栽培をして場所や季節ごとに適した種類をみつけて行きましょう。

 

太陽の光の恵みで野菜を育てましょう。

​室内での栽培では、太陽の直射光が少なくとも半日以上当たることが望ましいです。

もし光が充分でない場合は市販の蛍光灯やLED、タルハライドランプなどを利用します。

(それぞれの光源は利点と欠点があります。詳しくはお尋ねください。)

水耕栽培研究会 
suikousaibai@aol.com ( Contact in English is welcom also.)
fax:0467-23-5215
(多数の水耕栽培装置を考案。「ベジタ」、「暮しの手帖」などに寄稿。朝日新聞、北海道新聞、毎日新聞で取材。発明協会会長奨励賞受賞、無印良品大賞
審査員特別賞受賞)